python of 爬虫類専門ハンドバッグメーカー 有限会社鈴仙

ANML017.jpg

パイソン:ヘビ

個性的な斑紋や鱗模様をもつヘビ革は、爬虫類ファッションに欠かせない素材の一つです。世界中に11科417属2389種存在しており、ワニやトカゲに比べて、ワシントン条約上取引可能な種が数多くあります。

アミメニシキヘビ : ダイヤモンドパイソン Reticulated Python
学名 Python reticulatus

全身にダイヤ型の連続模様があることから、ダイヤモンドパイソンと呼ばれています。皮質が丈夫で、他の皮に見られない美しさとワイルド感があります。最大のものは体長10メートルにもなります。タイ・ミャンマー・ベトナム・カンボジア・マレー半島・インドネシア・フィリピン・中国南部等、アジアの熱帯地に広く生息しています。

インドニシキヘビ : モラレスパイソン Molurus Python
学名 Python molurus

全身に不規則な図形模様があり、その個性的な斑紋が人気を得ています。皮質の丈夫さやサイズが大きい点からも、ダイヤモンドパイソンと共にヘビ革の主力として幅広く各種皮革製品に使用されています。沖縄の蛇皮線にはこの皮が使用されています。雌の方が大きく、最大で7mに達したものもいます。インド・ミャンマー・タイ・ボルネオ島・ジャワ島・スンバワ島・セレベス島・中国南部等の熱帯地に生息しています。

ヒイロニシキヘビ : レッドパイソン Red Python Short-tailed Python
学名 Python curtus

特徴として尾の部分が短く、胴が太い体形をして赤味を帯びた色をしています。主にカウボーイ用のブーツやハンドバック等に用いられています。他のニシキヘビ達よりも水辺を好み、マレー半島やスマトラ・ボルネオ等に生息しています。

アフリカニシキヘビ : African Python
学名 Python sebae

アフリカの代表的なニシキヘビです。モラレスパイソンに似た紋様があり、最大のものは7~8mにも達し、平均でも3.5~4.5mの体長を持つ大型のヘビです。砂漠のような乾燥地帯を除く、アフリカ全般に広く生息しています。

アナコンダ : Anaconda
学名 Eunectes murinus

南米に生息する最大級のヘビです。その大きさは東南アジア産のダイヤモンドパイソンと並び、オリーブ色に近い緑色の地に大きな斑紋が見られます。個性を主張する製品類には魅力ある素材のひとつです。アンデス山脈の東からアマゾン川・オリノコ川の流域一帯、及びギアナや北はトリニダドにまで広く分布していますが、最近では南米も森林開発が進んだ影響から生息数の減少が見られます。

その他のヘビ

ボアコンストリクター : ボア Boa Constrictor
学名 Boa constrictor

キングコブラ : コブラ Cobra Snake
学名 Ophiophagus hannah

南蛇 : ウィップスネーク Whip Snake
学名 Ptyas mucosus 

ヤスリミズヘビ : カロング Karung Snake
学名 Acrochordus javanicus

エラブミズヘビ : エラブ Sea Snake
学名 Laticauda semifasciata

参考文献:『エキゾチックスキンの基礎知識』
※上記文章の無断転載・引用は固くお断り致します