ostrich of 爬虫類専門ハンドバッグメーカー 有限会社鈴仙

ANML039.jpg

オーストリッチ

ダチョウ Ostrich
学名 Struthio camelus

飛べない鳥として現生鳥類の中でも最大級の鳥であり、アフリカ大陸で固有な独自性を持って生息しています。平均体高は2.5mで、体重は120kgに達します。オーストリッチの皮は羽根を抜いた跡の丸みのある突起部分に価値があります。また羽根も古くは貴族の装飾品、現在でもステージ衣装などに使用されてきました。皮がハンドバックなどに使用されるようになったのは、近年のことです。さらに世界的な健康志向の高まりから、肉も高タンパク・低脂肪な食材として注目されて利用されています。最近では、ヨーロッパ・北米・オーストラリア・中国・イスラエル等で飼育がさかんに行われています。天然素材の中でもワニ革と共に、最高のレザーとして人気を二分しています。

オーストリッチの仲間たち

エミュー : Emu
学名 Dromaius novahollandiae

ダチョウに比べてサイズが小さく、羽根を抜いた後の突起も小さく平らな表情です。肉は食肉やペットフードに利用されています。オーストラリアの平野や砂漠地帯に生息しています。

ヒクイドリ : Cassowary
学名 Casuarius casuarius

他の走鳥類と同様に飛ぶことが出来ず、翼も未発達です。体高は約1.2mで北部オーストラリアやニューギニア及びその地域の鳥部森林地帯に生息しています。現在は生息数が少なく、皮としての利用はありません。

レア― : アメリカダチョウ Common Rhea
学名 Rhea americana

アメリカ大陸に棲む鳥の中では最大です。外観はアフリカのダチョウに似ていることからアメリカダチョウとも言われています。体高は1.2~1.5mで、体重は20~40kgです。ブラジル北東部からアルゼンチン中央部にかけてのパンパス地帯に生息しています。

参考文献:『エキゾチックスキンの基礎知識』
※上記文章の無断転載・引用は固くお断り致します