インタビュー of 爬虫類専門ハンドバッグメーカー 有限会社鈴仙

suzuki_img02.jpg

革職人となったきっかけとこれまでの道のり

高校卒業後はしばらくサラリーマンをやっていたのですが、何となく将来が見えてきてしまい、もともと物づくりが好きだったこともあり、退職しました。

ハンドバックの製造に興味があったので、しばらくはその方面の材料を扱う仕事をしていた友人を手伝いました。
その後、牛革のハンドバック職人の師匠の下について3年修行し、次に爬虫類革職人の故庄司正吾郎氏の下で修行し、クロコダイル革の加工製法はその時に学びました。

独立後3年は職人としてメーカーから仕事をもらい、製品の加工をやっていたのですが、次第に自分で革屋や金具屋などから材料を必要なだけ買って作った商品を納めるようになりました。当時は材料が小分けで手に入りやすい時代だったので、今よりも独立しやすかったのです。

昔はクロコダイル革があまり注目されていなかったので、主にトカゲ革やカメ革を使ったバッグを作っていました。(現在、カメ革を使用することはワシントン条約で禁止されているので手がけておりません)
おかげさまで次第に自分のデザインが売れるようになり、1人では間に合わなくなったので職人さんを入れて少しづつ会社を大きくしていきました。

1980年に日本がワシントン条約の締約国になってからはクロコダイル革も注目され、庄司正吾郎氏からクロコダイル革加工法を学んでいた私たちはいち早くクロコダイル革を商品化することができました。

常に心がけていることは技術の進化です。新しいサンプルを作る時は私自身が納得するまで試行錯誤しています。そうしてできたものを、職人さん達に仕事で反映してもらっています。
また、爬虫類という高価な素材をどのように最大現に活かす事ができるか考えています。



今後の展望は…

爬虫類皮革にこだわって約40年、これ一筋にやってきました。
今まではハンドバッグ主体でしたが、まだまだ、クロコダイルをはじめとした爬虫類皮革の魅力を活かせる製品は沢山あると思うので、どんどん新しいものを提案していきたいと思っています。
またそれは長年培った技術が反映されるものづくりでありたいと考えています。 【クロコダイルステーショナリーシリーズ】や【Eco-rep】もその一つですね。
そして、若い人がこの世界に魅力を感じ、革の仕事に携わっていきたいと思って貰えるような物を作っていきたいと思っております。

suzuki_img03.jpg