croco of 爬虫類専門ハンドバッグメーカー 有限会社鈴仙

croco.jpg

ワニ

爬虫類皮革の代表的なものがワニ革です。現在世界中に生息しているワニは3科9属23種です。アリゲーター科は4属7種、クロコダイル科は4属15種、ガビアル科は1属1種からなります。その中で生息数等の関係により、皮革として取引が行われているのは、次の種類のワニたちです。

イリエワニ : スモールクロコ Saltwater Crocodile
学名 Crocodylus porosus

ワニ革の代表格です。通称シンガポールクロコとも呼ばれています。首から肛門にかけて鱗の数が約31~35列あります。生息地は、パプアニューギニア・オーストラリア・インドネシアなどの入江や海水と淡水が混ざる川付近です。
しかし現在では生産量のほとんどは養殖です。

ニューギニアワニ : ラージクロコ Freshwater Crocodile
学名 Crocodylus novaeguineae

スモールタイプ(イリエワニ)に次ぐ価値付けがされています。腹部の鱗の数は約24~32列あり、スモールクロコよりも鱗が大きいです。パプアニューギニアやインドネシアなどの淡水の沼や川に生息しています。皮のほとんどは野生のもので捕獲量が規制されているものの、産出国の地域住民にとっては食料と貴重な収入源となっています。

ナイルワニ : ナイルクロコ Nile Crocodile
学名 Crocodylus niloticus

イリエワニ・ニューギニアワニと同様に高級品の素材として注目を得ています。腹部の鱗の部分に硬い骨が一列あり、また鱗は角張っています。アフリカ諸国の淡水の沼や川に生息しています。現在はほとんどが養殖で、特にジンバブエや南アフリカ共和国では大規模に養殖されています。

シャムワニ : シャムワニ Siamese Crocodile
学名 Crocodylus siamensis

ポピュラーなワニ革のひとつです。腹部の鱗は細かく長方形をしています。横腹には一列の硬い骨があります。タイ・ミャンマー・マレーシアなどの沼地や川に生息していますが、現在商取引されている皮は全て養殖によってほとんどタイから輸出されています。

ミシシッピ―ワニ : アリゲーター American Alligator
学名 Alligator mississppiensis

クロコダイルに比べて全体に胴が長く、腹部の鱗が長方形をしています。アメリカ合衆国南部のルイジアナ州やフロリダ州などの沼や川に生息しています。養殖事業も大規模に行われていますが、野生のものも一年に一度数量を定めて捕獲しています。

その他のワニ

その他にカイマン(バビラス)等のワニも皮革として取り引きされています。しかし皮全体に骨質部が多く硬いために、上記のワニよりも安価な商品として製品化されています。南米の北部や中米の沼や川に広く生息しています。ベネズエラやコロンビア等が原産国です。

参考文献:『エキゾチックスキンの基礎知識』
※上記文章の無断転載・引用は固くお断り致します