製品のお手入れ of 爬虫類専門ハンドバッグメーカー 有限会社鈴仙

爬虫類製品のお手入れ

製品を長くお使い頂く為には正しいお手入れをしましょう

クロコダイルなど光沢のある製品

革の表面をメノウの玉で磨いてあります。(グレージング仕上げ)
使用後にやわらかい布でカラ拭きをして汚れやホコリを落としてから、市販の専用クリームで丁寧に磨いて下さい。
艶感を保つ事ができます。

マット仕上げ(光沢のない素上げタイプ)の製品

日頃からやわらかい布でカラ拭きを心がけてください。
少しの汚れはやわらかい消しゴムで軽くこすって取り除くようにします。
クリームはマット革専用のクリームをお使い下さい。
しみになる場合もありますので、必ず目立たない所で試してからお使い下さい。

オーストリッチ革製品

使用後はやわらかい布でカラ拭きをして汚れやホコリを落とします。
クリームやクリーナーなどは、しみの原因となりますのでご使用は避けて下さい。

パイソンなどウロコのある製品

使用後はウロコの方向に、やわらかい布でカラ拭きをして下さい。
クリームやクリーナーなどは、しみの原因となりますのでご使用は避けて下さい。

水に濡らしてしまった場合には…

ハンドバックや靴などの革製品を濡らしてしまった場合には、出来るだけ早く乾いた布やティッシュペーパーなどで水分をふき取ってください。それから製品の形を整え、吸水性のある紙類をつめて陰干しするようにして下さい。
この処理が遅れた場合や、汗によるグレージング仕上げの光沢落ちの場合は、残念ですが復元不可能です。
マット仕上げの製品の場合には、上記の処理で大体は復元可能です。
またドライヤー・ストーブ・スチームアイロンなどによる高温での乾燥や、直射日光による乾燥方法は、革の繊維の収縮や変形・変質につながり、復元が困難になりますので絶対に避けて下さい。

Attention.png

お手入れについての注意

上記お手入れ方法にある各種専用クリームや防水スプレーを使用する場合には、必ずめだたない所で試してからお使い下さい。
ご不明の点などはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらからお願い致します